輪島塗展

4月18日(水)〜24日(火)
[本館5階 シーズンメッセージ] 
※最終日は午後5時に閉場させていただきます。

室町時代から長い歴史を経て、独自の技法を完成させた輪島塗。
日本の食文化を彩る漆の器から、装飾品、家具、仏具などをご紹介します。


〈特別ご奉仕品〉
漆額 熊本城沈金〈西村國峰作〉(額寸 幅41.5×高さ36.0×厚み2.5p)〈受注作製 3週間〉…151,200円

〈イベント開催〉
日展作家 川原 秀氏による蒔絵製作実演
●4月21日()・22日()〈2日間〉
@午前11時〜、A午後2時〜、B午後4時〜 (各回約90分)

※ここに紹介の商品は一例です。

シーズンメッセージトップへ

鶴屋トップへ